特別進学コースⅠ

勉強と部活を両立させながら
早慶上理やGMARCHなどへの
現役合格を目指す

首都圏の最難関私立大学である早慶上理をはじめ、難関私立大学のGMARCHなどへ勉強と部活との両立を図りながら現役合格を目指すコースです。体系立てた効果的な授業を通して基礎学力を徹底して身につけていきます。1年次は特別選抜コースと同様に、全員が受講する英数国の7 限特講のカリキュラムが設定されています。また、科目数の多い難関私大の一般受験やセンター試験に対応した受験指導にも力を注いでいきます。さらに、夏休みの長期休暇中は、集中授業や特別講座を開講し、より一層の学力の向上や苦手科目の克服を目指します。

勉強と部活を両立させながら早慶上理やGMARCHなどへの現役合格を目指す

目標進路

早稲田大学/慶應義塾大学/上智大学/東京理科大学/学習院大学/明治大学/青山学院大学/立教大学/中央大学/法政大学 など

特別進学コースⅠ
特別進学コースⅠ
特別進学コースⅠ

FIRST GRADE 1年次

将来の進路へのイメージを高めさせていく

将来の進路へのイメージを高めさせていく

「基礎学力の充実」や「深く考えること」を重視した授業を展開していきます。また、英数国の7時限目の特別講座をはじめ、特別選抜コースとの習熟度別授業や合同授業なども設定されており、他のコースの生徒とともに授業を受けることで、最難関大学や難関大学に3年後に挑戦するという目的意識を生徒一人ひとりに身に付けさせていきます。さらに、生徒自らが勉強と部活に主体的に取り組むことのできるようなサポートもきめ細かく行います。

SECOND GRADE 2年次

志望大学へのモチベーションをより意識させていく

志望大学へのモチベーションをより意識させていく

各自の適性と将来の進路の希望を踏まえながら文系と理系に分かれた授業を展開します。また、第一志望の大学を意識させ、受験を身近なものとして考えられるような指導を行っていきます。さらに、通常の授業を始め、補講や夏休みの講座などを通して、目標とする大学に現役で合格できるように徹底した指導を行います。7 限目に行われる特講では、英数国理の中から、各自が受験科目を選択して受講していきます。

THIRD GRADE 3年次

学力を養い志望大学への現役合格を実現する

学力を養い志望大学への現役合格を実現する

先取り学習により3 年1 学期までに教科書を終了します。夏休み以降は、応用力や受験に対応する演習問題などを数多く経験し、第一志望の大学に現役で合格するための学力を徹底的に養い受験本番に備えます。また、得意科目の実力がより確かなものとなるように、あるいは苦手科目に対しては苦手という意識を払しょくできるように、生徒一人ひとりの能力や個性を見極めながら、熱意を持ってきめ細かな指導を行います。

TEACHER’S MESSAGE

野尻晶太先生

野尻晶太先生 Nojiri Shota

常に上を目指す環境で
互いを高めながら勉学に励む

特別進学コースⅠでは、特別選抜コースと同様に7限特講授業や各種補講によって実力を養成し、難関私立大学への一般受験での合格を目指します。特別選抜コースとの合同授業があることで、常に上を目指す環境に身を置くことになり、互いを高め合いながら勉学に励むことができます。

OB & OG’S MESSAGE

高校では「学問に対する姿勢」を
教わりました

東京工業大学理学院 数学専攻数学コース 博士後期課程1年 佐伯滉耶さん

東京工業大学理学院 数学専攻数学コース 博士後期課程1年
佐伯滉耶さん
Saeki Kouya

中学時代、私は勉強を受け身で教わりましたが、高校では勉強を教わるというより「学問に対する姿勢」を教わりました。大学進学後に、自分よりもはるかに数学のできる人たちと出会いましたが、卒業時には数学の力は彼らに勝ることができたと自負しています。私は、高校時代からゆっくりと着実に正しい道を進んでいたのだと思います。埼玉平成で学んだことは長い時間をかけ、血となり肉となって私を成長させてくれました。将来は数学力を活かし、ITを駆使して日本を豊かにできるような職に就きたいと考えています。

勉強も弓道も目標を立て、
達成のため頑張っていました

株式会社テレビ埼玉 報道制作局報道部 原 智佳さん

株式会社テレビ埼玉 報道制作局報道部
原 智佳さん
Hara Chika

私は現在、テレビ埼玉の報道部で記者をしています。毎日、県内を駆け回って取材をし、皆さんに分かりやすいニュースをお届けできるよう日々勉強しています。埼玉県の変化に追いつき、追い越せるように今はとにかく必死で頑張っています!高校時代は弓道部に所属していました。思い返すと勉強も弓道も目標を立て、達成のために毎日をがむしゃらに過ごしていました。そうした高校生活の思い出が、今の私を作ってくれたのだと思います。