沿革・校長挨拶

校長挨拶 

自分の中にある可能性を発見し、大きく羽ばたいてください

理事長・校長 山口徹也

武蔵野の面影を今も多く残した、緑あふれるここ毛呂山町に本校が開校して四半世紀以上が経ちました。人生の多感な時期を、このような素晴らしい教育環境の中で学ぶ生徒たちにとって、本校の3年間が「大人になるための3年間」「社会でどのように生きるべきかを考える3年間」であってほしいと、創立以来願っております。

「為すことによって学ぶ」という建学の精神のもと、たくましい生徒に成長すること、また、「創造・自律・親切」の三つの校訓のもと、協力することの大切さや人を思いやることの大切さを教えながら、すばらしいもの、美しいものに接した時、心から感動する心を育てています。

本校の目標は、言葉に強い生徒を育む。そして、豊かな人間性への気風を醸成するとともに、知性を磨き、創造力を養い、あわせて国際的視野をもった人間育成をすることです。どんな行事にも全校がひとつにまとまり、何事にも積極的に取り組んでいます。

目標に向かって最後までやり遂げる勉強においても、時には失敗することもあるかもしれません。しかし、これら多くの体験から自分にとってかけがえのない何かを皆さんが見つけられる。そんな学びの場をこれからも提供し続けます。

理事長・校長 山口徹也

沿革 

1984年 埼玉女子高等学校開校
1988年 埼玉高等学校と改称
共学となる
1989年 コース制教育課程実施
1994年 看護医療コース設置
2000年 埼玉平成高等学校と改称
類型制教育課程実施
2010年 特別選抜クラス設置