最新情報

『透明標本づくり』が新聞に掲載されました!

2018/10/13

9月25日(火)に実施しました、TV会議による高大連携授業『透明標本づくり』が、

9月30日(日)の埼玉新聞に掲載されました!

透明標本

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日、生徒たち10名が愛知県にある中部大学の研究室とインターネットを通じて、

第一線の研究をされている長谷川浩一准教授による「透明骨格標本」作成の指導を受けることができました。

この講義は、生徒の理科に対する学習意欲を喚起し、科学的な視野を広げることを目的として企画されました。

参加した高校1年生の一人は、「文系進学を考えていたけど、理系への進路変更も考えたい」と述べており、

生徒たちにとって非常に貴重な体験となりました。

 

今回は、8月に行われたプレゼンテーション講習でお世話になった井上先生からの紹介で、

中部大学応用生物学部教授の長谷川先生と大学院生の小池さんに教えていただきました。

小池さんは、節足動物など骨のない生き物の透明標本の作成を世界で初めて成功した方です。

そのような方からテレビを介してではありますが実験の指導をしてもらえた経験は、

生徒たちにとって大いに刺激となったハズです。

 

ズートピュア

2018/9/22

埼玉平成高校では、理科教員と生徒有志が中心となり、

『ズートピュア』と題してさまざまな動物を飼育しています。

 

この度、学校で飼育している動物たちの様子を紹介するために、ホームページを作成しました。

ウズラやアヒルの「孵化から成長に至るまでの様子」をご覧いただけます。

また、今後は定期的に動物の豆知識も発信する予定です。

ぜひご覧ください!

ズートピュアのホームページはコチラ

 

ズートピュア

 

 

 

 

 

 

【追記】

 動物たちの住む小屋づくりには、生徒たちも一役買ってくれました!

IMG_9075 IMG_9077

IMG_9120 IMG_9082

せいりゅう祭

2018/9/10

9月7日(金)・8(土)の2日間にかけて、本校の文化祭・せいりゅう祭が実施されました。

軽音楽部・チアダンス部・吹奏楽部の全体パフォーマンスで幕を開けた今年のせいりゅう祭は、

両日とも晴天に恵まれ、多くの来場者の方々で賑わいました。

食品販売やステージ発表を中心に、各団体が趣向を凝らした発表・アトラクションを用意しており、

生徒たち自身はもちろん、大人から子どもまで楽しめるイベントとなったのではないでしょうか。

 

今回は昨年・一昨年と比較して、来場者数が非常に増えるという大変嬉しい結果となりました。

ご来場いただいた皆様、本当にありがとうございました!

 

DSC_0348 IMG_0603

DSC_0388 IMG_0607

DSC_0436 DSC_0503

IMG_0604 IMG_0610

DSC_0580 IMG_0619

IMG_0620 IMG_0622

IMG_0623 IMG_0621

 

 

せいりゅう祭(文化祭)で「科学プレゼンテーション」を実施

2018/9/9

 

9月8日(土)、埼玉平成中学・高等学校の第35回せいりゅう祭(文化祭)2日目の11時から、

本校初めての「科学プレゼンテーション」が実施されました。これは、7月7日(土)に希望する生徒54人が、

我が国の最先端科学が展示されている「日本科学未来館」を訪問しましたが、

その中から興味のある(すごいと感動した)事項を調べ、まとめたものをパワーポイントで作成し、

お客様の前で報告するというものです。

夏休み中には、中部大学教授の井上 徳之氏から「プレゼンテーション」の方法について2回講義を受けましたが、

それぞれ発表者が独自の発想と工夫を加えてシートを作成しました。

 

科学プレゼン@せいりゅう祭 

 

 

 会場の入り口風景です

 

 

 

 

科学プレゼン@せいりゅう祭②

 

 

 

               会場内のお客様の様子です

 

 

 

 

科学プレゼン@せいりゅう祭③

 

 

 

 プレゼンテーションのプログラムです

 

 

 

 

科学プレゼン@せいりゅう祭④

 

 

 

 たくさんのお客様が熱心にお聞きになりました

 

 

 

 

科学プレゼン@せいりゅう祭⑤

 

 

 

      司会の高校2年・宮岡君の口上で始まりました

 

 

 

 

科学プレゼン@せいりゅう祭⑥

 

 

 トップバッターは高校2年の比留間君です。     

 人型ロボットAsimoや宇宙ステーションでの

 トイレの使用法などについて調べたこと

 を発表しました。

 

 

科学プレゼン@せいりゅう祭⑦

 

 

続いて高校2年の出﨑さんは、

「地球シュミレータ」(世界最速のスーパーコンピュータ)

について調べ、地球温暖化問題や地球内部の変動についても

触れました。

  

 

科学プレゼン@せいりゅう祭⑧

 

 

 3人目は高校2年・識名さんです。

 「脳と記憶」について調べ、パソコンではまだ出来ない

 「空気を読む」などの脳の働きはニューロンという

 神経細胞が大きな役割を担っているとのことでした。

  

 

科学プレゼン@せいりゅう祭⑨

 

 

4人目は、中等部3年・久保木さんで、

テーマは「地球温暖化」でした。

温暖化の仕組みを調べ、日ごろの心がけが大事だと

強調していました。

 

  

科学プレゼン@せいりゅう祭⑩

 

 

 5人目は、中等部3年・原口さんで、

 テーマは「医療ロボット」でした。

 人間はミスをするが、ロボットは正確に手術をすることが

 できる、そうしたメリットについて触れていました。

 

 

科学プレゼン@せいりゅう祭⑪

 

 

6人目は、中等部3年・岸本君で、

テーマは「素粒子と加速器」でした。

素粒子を調べることで宇宙の起源を知ることが出来ると、

目を輝かせて未来に期待を寄せていました。

 

 

科学プレゼン@せいりゅう祭⑫

 

 最後の石田さんは、「スーパーカミオカンデ」について

 調べたことをプレゼンテーションしました。

 素粒子の一つである「ニュートリノ」を捉えるための

 装置であること、どのように観測をするかなどについて

 発表しました。

 

 

 

最後に、司会者から指名され、プレゼンターの代表として比留間君から、

今回の学習の評価とお聞きくださったお客様へのお礼が述べられ、

文化祭に相応しい充実した時間が終了しました。

発表した生徒の皆さんは興味や関心のあることについて調べ、パワーポイントにまとめ、

たくさんのお客様の前でプレゼンテーションする機会を得て、

無事終えることができた安堵と自信に満ちた表情が印象的でした。

英検準1級合格者インタビュー

2018/9/7

先にこのホームページでもご報告させて頂きましたが、6月に行われた英語検定で、

本校の3年生1名・2年生1名が準1級に合格しました。

英検準1級は、英検の中でもハイレベルな級で、大学生や大人でも合格するには相当の勉強が必要です。

その級に見事合格を果たした2人に、今回インタビューを行いました。

合格しての率直な感想や、勉強のコツなどを語ってくれました。

今後も、2人に続き準1級に合格する生徒が出ることを大いに期待しています。

 

 江口(英検) 徳谷(英検)

                 江口 歩保佳さん                                徳谷 秀音くん

         (3年生 特別選抜コース)       (2年生 特別進学コースⅡ)

 

※英検準1級は、英検の中では「大学中級程度」の英語力が必要とされると言われ、言語運用能力の国際指標である

CEFRでは B1〜B2(自立した言語使用者)に位置付けられています。

 

● 英検準1級に合格して、率直な気持ちを教えてください。

江口さん

とても嬉しかったです。合格通知を手にしたときは信じられませんでした。

今では、準1級に合格したことが受験勉強をする上でのモチベーションアップにつながっています。

一次試験を突破する為の対策や、二次試験の面接練習など最後まで親身になり、

ご指導下さった先生方には大変感謝しています。

 

徳谷くん

Of course, I felt so happy. I like studying English, and passing EIKEN pre-1st grade had been

one of my goal for studying English. And I was finally able to achieve my goal.

Now I feel relaxed a little. But honestly, I’m not satisfied enough with my result

so I have already started studying English more for next goal.

 

● 合格に向けて、どのような取り組みをしましたか。これから準1級を目指す人たちにとって、

   参考となることがあれば教えてください。

江口さん

私が試験当日までに最も力を入れたのはライティングです。

受験者の多くが対策を疎かにしがちなライティングですが、たとえリーディング、リスニングで満点が取れても、

ライティングで点数を大幅に落としてしまうと合格は厳しいと思います。

対策としては、練習時に幅広い分野について(例えば、政治・環境・科学・教育など)、

実際に書いてみることが大切だと思います。また、私はそれを英語の先生に添削して頂きました。

そのおかげで、当日の試験ではライティングで満点を取ることができ、合格へ大きく近づけたと感じています。

 

徳谷くん

I think that the test of pre-1st grade is much more academic and specialized than 2nd grade.

So I studied even the secondary or so meaning of words.

In addition, I tried not only to memorize the meaning but also to learn how to use it in the sentence.

And I think that I needed to answer the questions as quickly as possible,

so I also practiced reading the sentences rapidly. It is important to understand English writings

without translation into Japanese.

 

● 取得した英検準1級や、英語力を将来どう活かそうと考えていますか。

 江口さん

私は将来、日本国内だけでなく、海外でも医療活動をしたいと考えています。

この準1級取得を活かして大学に進学し、留学に挑戦してみたいです。

そして、よりいっそう語学学習に力を入れていけたらと思います。

 

 徳谷くん

I used to live in the US when I was a child. For me, America is my dear hometown

and it sometimes makes me feel homesick. So I would like to go back to America and live there again.

In the future, I will find a jod and live a good life there. I’m sure that English is so useful.

第2回 科学プレゼンテーションが行われました!!

2018/9/2

 

2学期の始業式が行われた9月1日(土)の午後、中部大学教授の井上徳之氏をお迎えし、

2回目となる「科学プレゼンテーション」が実施されました。

第1回(8月6日開催)に参加した生徒とともに、今回新たに参加した生徒もいたことから、

復習的な内容も含めてご指導をいただきました。

 

最初に、「プレゼンテーションにおける大切なこと」は3つあるというお話がありました。

第2回科学プレゼン⑥

 

 

 

 

 

 

 

① 伝えたいことを伝える「技術」

② 4つのテクニック(ジェスチャー、ポスチャー、ボイス、アイコンタクト)

③ プレゼンテーションの型:Introduction, Body (Topic①②③), Conclusion

 

まず、「伝える」技術を練習しました。

重要なのはアイコンタクトなので、二人組を作って見つめ合う練習を行いました。

第2回科学プレゼン② 第2回科学プレゼン③

プレゼンターと聴く人のリーダーシップを育てられるよう、相づち、褒める練習もしました。

聴く人を、一人から複数に増やしてプレゼンテーションの練習をします。

立ち位置や、ジェスチャーも自然に入れられるように工夫しました。

第2回科学プレゼン④ 第2回科学プレゼン⑤

いよいよプレゼンテーションの型をマスターする段階に入ります。

パワーポイントの構成は、表紙・1枚目のシート=Introduction(導入、前書き)

・2枚目のシート=Body(内容部)・3枚目のシート=Conclusion(結論)とし、

Bodyではトピックを3つ(1, 2, 3)にまとめます。

各個人が日本科学未来館で調べてきた事項を記入しました。

第2回科学プレゼン⑦

 

 

 

 

 

 

 

内容について、先ずテーマについては「すごいと思ったこと」、「体験して印象に残ったこと」、

「話を聞いて興味を持ったこと」など、1分で話せる程度のものを作成するよう指示がありました。

第2回科学プレゼン⑧

 

 

 

 

 

 

 

プレゼンテーションを行う上で重要なことは、「3の法則」(rule of three) で、

聴く人の印象に残るのは3つまでであるというお話もありました。

最後に、参加した生徒ひとりずつが感想を述べました。

第2回科学プレゼン⑨

 

 

 

 

 

 

 

出席した生徒たちからは、「楽しかった」「プレゼンテーションでシートの作り方が深まった」

「これからの人生でもプレゼンテーションの機会があるので、活かしていきたい」など、

満足した様子が伝わってまいりました。

始業式~表彰

2018/9/2

9月1日(土)、2学期の始業式が実施されました。

始業式では、学習・部活動それぞれにおいて優秀な成績をおさめた生徒への表彰が行われましたので、

以下にその一部をご紹介します。

 

実用英語技能検定 準1級(2名)

IMG_0594

 

 

 

 

 

 

 

 

 

軽音楽部

全国高等学校軽音楽コンテスト 奨励賞

IMG_0592

 

 

 

 

 

 

 

 

陸上競技部

西部地区 国体予選会

1500m 第3位・3000m 第4位

IMG_0593

 

 

 

 

 

 

 

 

バレーボール部女子

学校総合体育大会埼玉県予選会 第5位

IMG_0595

 

 

 

 

 

 

 

 

ソフトテニス部女子

埼玉県選手権大会 第1位・第2位

IMG_0596

 

 

 

 

 

 

 

 

加えて、日本漢字能力検定 2級の合格者3名、校内で実施された「言葉の講演」の優秀感想文3名の

表彰も行われました。

2学期もより良い報告ができますように!

2回目のオープンスクールが開催されました!

2018/8/28

8月26日(日)、2回目のオープンスクールが開催されました!

まだまだ厳しい暑さが残る中、昨年や1回目を大きく上回る、たくさんの方にご来場いただきました。

 

個別相談の数も非常に多く、埼玉平成高校を進路の選択肢として検討していただき、

有意義なお時間を過ごしていただけたのなら幸いです。

ご来場ありがとうございました!

 

IMG_0552 DSC_0184

 

DSC_0196 DSC_0210

DSC_0220 DSC_0313

DSC_0239 IMG_0558

科学プレゼンテーションが行われました!

2018/8/7

夏休み中の8月6日(月)、中部大学教授・井上徳之先生をお招きして、

「科学プレゼンテーション」の講義が開催されました。

 

参加した高校生および中学生は、最初こそ緊張した面持ちでしたが、井上先生の優しく丁寧な指導によって、

次第に緊張もほぐれ、笑顔で取り組むことができました。生徒たちの変化する様子をご報告します。

 

井上先生からは、「伝える」という行為の中に

「大事なポイントが4つ(ジェスチャー、ポスチャー、ヴォイス、アイ・コンタクト)ある」

というお話がありました。

 

科学プレゼン

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、プレゼンテーション練習を行うための題材として、

「生命科学」「情報技術」「技術革新」など、6種類の本の中から各自が選びました。

 

科学プレゼン②

 

 

 

 

 

 

 

 

 

各自が選択した本を見てタイトルを決め、短時間で黙読し、

「すごい」と思ったところを3つ選び出しました。

 

科学プレゼン③

 

 

 

 

 

 

 

 

次に2人がペアとなり、パソコンの画面と説明者・聞き手の立ち位置に注意しながら、

付けたタイトル名や自分(所属・学年・氏名)を紹介し合うところからプレゼンテーションの練習を開始しました。

 

科学プレゼン④

 

 

 

 

 

 

 

 

説明者に対し、聞き手はうなずいたり、「褒め言葉」をかけたりしながらコミュニケーションを進めます。

 

科学プレゼン⑤

 

 

 

 

 

 

 

 

緊張していた最初の面持ちに比べて、次第に表情が柔らかくなってきました。

 

科学プレゼン⑥

 

 

 

 

 

 

 

 

説明者と聞き手が入れ替わり、高校生と中学生という組み合わせもありました。

 

科学プレゼン⑦

 

 

 

 

 

 

 

 

説明者は、ジェスチャーも取り入れていくことが、大切な心構えとなります。

 

科学プレゼン⑧ 科学プレゼン⑨

 

あいさつも大切なコミュニケーションツールの一つです。

 

科学プレゼン⑩

 

 

 

 

 

 

 

 

複数の聞き手の前でのプレゼンテーションの練習もし、アイ・コンタクトの大切さも学ぶことができました。

 

科学プレゼン⑪ 科学プレゼン⑫

科学プレゼン⑬ 科学プレゼン⑭

科学プレゼン⑮

 

 

 

 

 

 

 

 

聞き手とのコミュニケーションも説明者の深化につながるものだということを実感できたようでした。

 

科学プレゼン⑯

 

 

 

 

 

 

 

 

最後のまとめでは、参加者全員の前でプレゼンテーションの練習を行いました。

 

科学プレゼン17 科学プレゼン18

科学プレゼン19

 

 

参加した生徒たちは、「良い経験ができた」「プレゼンテーションは難しいものと思っていたが、

型にはめればそうでもないことが分かった」「次回はもっと良いプレゼンテーションができるようにしたい」など、

一人ひとりが手応えを感じているようでした。

プレゼンテーションを通してコミュニケーションを取ることの重要性も理解し、文化祭での発表に向けて、

決意を新たにしておりました。

オープンスクールが開催されました!

2018/7/30

 

7月29日(日)、オープンスクールが開催されました!

前日に猛威をふるった台風が過ぎ去り、じっとしているだけで汗ばむ晴天の中、

たくさんの方にご来場いただきました。

 

学校説明会や個別相談会、各クラブの見学はもちろん、

有志生徒が世話をしている珍しい生物を展示する『ズートピュア』、

在校生が過去問の解き方を教える『入試問題にチャレンジ』、

国語教員による講義『北辰作文対策』、

ALTによるクイズもある修学旅行の展示コーナー『School Trip to L.A.』、

さらに制服試着や学食試食など、様々な催しを楽しんでいただけたと思います。

 

来場者の皆さんにとって、埼玉平成高校をより身近に感じていただけるきっかけとなれば幸いです。

ありがとうございました!

 

IMG_0450 IMG_0463

IMG_0464 IMG_0465

IMG_0454 IMG_0455

IMG_0470 IMG_0469