最新情報

イヴニング相談会のお知らせ

2017/10/19

 埼玉平成高校では、平成30年度入試を受験希望の中学生、並びにその保護者を対象に、

本校の教育方針・教育内容や入学試験についての説明、及び個別相談を実施致します。

日曜日に実施される入試説明会への参加が難しい方は、是非この機会をご利用下さい。

 

 日時は11月2日(木)18:00~19:30(17:30受付開始)になります。

ご希望の方はイヴニング相談会 申込票

049-294-4555までFAXにてお送りください。

多くの方のご参加をお待ちしております!

 

2学年 アメリカ修学旅行4日目~帰国

2017/10/17

修学旅行4日目から帰国までの様子をレポートします!

 

最終日は移動日となるため、修学旅行という意味では実質的に4日目が最後です。

はじめに、名だたるハリウッド・スターたちの手形・足形を見ることのできるチャイニーズ・シアター、

アカデミー賞の授賞式が毎年実際に開催されるドルビーシアター、

有名なハリウッド・サインを直に見ることのできるバビロンコートを訪れました。

 

IMG_1288 IMG_7591

 

そして、 この日のメインはユニバーサルスタジオ・ハリウッドです。

元々は映画の撮影所から発展したという経緯もあり、日本のUSJとは一味違った、

ハリウッド映画制作の本場ならではの雰囲気が漂うUSH。

生徒たちはまずトラムに乗車してスタジオツアーに参加し、

実際の撮影現場を見ながらハリウッド映画の歴史について学び、

3Dなど最新の特殊効果を駆使したアトラクションに大きな歓声を上げていました。

「ハリー・ポッター」や「ジュラシック・パーク」など人気映画のアトラクションが目白押しで、

生徒たちは思う存分に楽しんでいました。

 

アメリカ最後のディナーは、ユニバーサルスタジオウォーク内にあるハードロック・カフェで、

特大のスペアリブをいただきました。

ここでも、店員さんと気さくに話したり記念撮影をしている生徒が数多く見られ、嬉しい驚きでした。

 

DSCN0447 IMG_1304

 

異国の地で過ごすことに慣れ、臆せず行動できるようになった頃に帰国するのは少し残念ですが、

生徒たちと話していると、それぞれが自分なりに貴重な経験を得ることができたようです。

現実味のなかった留学について真剣に考えるようになった者、

自分の英語が思ったよりも通じたと喜ぶ者とさまざまですが、

一人ひとりが今回の修学旅行で得た経験を一生の宝物として欲しいと思います。

そして何より、大きな病気・怪我なく無事に帰宅の途につけたことに一安心です。

 

お読みいただいた皆様、お付き合いいただきありがとうございました!

2学年 アメリカ修学旅行3日目

2017/10/15

修学旅行3日目の様子をレポートします!

 

3日目は、今回の行程の中で最も盛り沢山な一日です。

ホテルが移動となるため、朝食を済ませた生徒たちはスーツケースを持ってバスに乗り込みます。

そして、まず訪れたのはサンタモニカ。美しい砂浜と広大な海を見渡せる観光スポットです。

桟橋を奥に進むと風が非常に心地良く、弾き語りの歌声もマッチして、とても良い雰囲気でした。

 

IMG_1254 DSCN2477

 

さわやかな空気を味わった後は、ファーマーズ・マーケットへ。

ここは元々、1934年の大恐慌に苦しめられた農民達が、新鮮な野菜や果物を持ち寄って始めた市場でしたが、

安さと新鮮さが評判を呼び、観光スポット化したマーケットです。

ガイドさんによると絞り立てオレンジジュースとボストン・クラムチャウダー

(くりぬいたパンにクラムチャウダーが入っているもの)が有名とのことで、

購入している生徒が多く、日本では味わえない!と好評を博していました。

 

IMG_1259IMG_1263

 

頼もしいことに、生徒たちは英語を使って買い物をすることにすっかり慣れた様子です。

それぞれが自由に昼食をとった後で向かったのが、カリフォルニアの科学博物館=サイエンスセンター。

目玉は何と言ってもスペースシャトル「エンデバー」です。

何度も宇宙を旅して帰って来たスペースシャトルの実機は、そうそうお目にかかれるものではありません。

飛行場からの壮大な輸送プロジェクトの映像に期待をあおられた直後に目にしたエンデバーの迫力は、想像以上。

感動した生徒たちは、多くがその姿をカメラにおさめていました。

 

IMG_1277 IMG_1284

 

その後は、大型アウトレット・モール、Citadel Outletsに立ち寄り、

ステーキ・レストラン、Stevensで夕食をいただきました。

生徒たちにとっては観光と同じくらい買い物が重要な位置づけだったようで、

アウトレットでは皆買い物袋を手にニコニコでした。

Stevensのステーキも、「これぞアメリカのステーキ!」という豪快なもので、

満足することができたのではないでしょうか。

 

長く充実した一日の締めくくりとして、次の宿泊先であるHilton Los Angeles Airportに入りました。

こちらはEmbassy Suites Anaheim South以上に豪華なつくりをしており、

そのきらびやかなラウンジを目の当たりにした生徒たちからは、

「おぉ~!」という感嘆のどよめきが上がるほどでした。

 

皆ぎっしり詰まったスケジュールに若干疲れた様子でしたが、

大きな病気・怪我もなく4日目を迎えることができそうです!

 

~4日目につづく~

2学年 アメリカ修学旅行2日目

2017/10/14

修学旅行2日目の様子をレポートします!

 

2日目は、ホテルでバッフェ形式の朝食(典型的なアメリカン・ブレークファスト!)をとった後、

オリジナル・ディズニーランド=Disney California Adventureで一日を過ごしました。

ここは、日本のディズニー・リゾートにはないアトラクションやショーが数多くあり、

ガイドさんによると、ミッキーたちキャラクターの顔立ちも違うのだとか(笑)。

Disney California Adventureのホームページ

 

エントランス前でクラスごとに集合写真を撮影後、生徒たちは班別自主行動となりました。

…とは簡単に言いましたが、ここはアメリカ。

昼食をとるにも、お土産を買うにも、アトラクションへの行き方を尋ねるにも、

すべて英語で行わなければなりません。

しかし、生徒たちは思いのほかそんなシチュエーションも楽しんでいるようで、

果敢に英語で話しかけている姿が見られました。

 

DSCN0553 DSCN0397

DSCN0593 DSCN0736

DSCN1186 DSCN0384

 

飲み物1つをとってみても日本には売っていないものばかりで、

ディズニー好きか如何かを問わず、「アメリカ文化を満喫する」という意味で本当に貴重な一日となりました。

3日目は、様々な観光スポットをまわる行程が用意されています。

翌日に備え、荷造りをして就寝しました。

 

~3日目につづく~

2学年 アメリカ修学旅行1日目

2017/10/13

2学年が修学旅行でアメリカ・ロサンゼルスに行ってきましたので、その様子をご報告します。

例年通り学年全体をA班・B班の2つに分け、A班が10/1〜10/6、B班が10/3〜10/8の日程で実施しました。

 

生徒たちは、成田空港から飛行機で約10時間、ロサンゼルス国際空港へ降り立ちました。

大半の生徒が初めて経験する、長時間のフライト。

疲れてしまわないか不安もありましたが、映画を鑑賞するなど各自リラックスして空の旅を楽しめたようです。

ロサンゼルス国際空港に到着するとすぐに、海外の雰囲気を味わう間もなくイミグレーション(入国審査)です。

ここでは1人1人、外国人の入国審査官からパスポートをチェックされ、英語で質問を受けます。

順番を待っている間、生徒たちは緊張して落ち着かない様子でしたが、全員無事に通過することができました。

 

 DSCN0481 DSCN0529

 

空港で経験豊富な現地ガイドさんと合流し、クラスごとのバスで向かった先は、世界最大級のヨットハーバー、

マリーナ・デル・レイにあるレストラン、THE WAREHOUSEです。

ここでは、美しい景色を見ながらバッフェ形式のランチをいただきました。

 

 DSCN1899 IMG_1217

 

その後、UCLAに移動して大学構内で写真撮影をし、自由時間を取りました。

UCLA (University of California, Los Angeles)は、学問・スポーツの両分野で世界のトップクラスに位置し、

その名前がブランド化しているほどの名門校です。

広大なキャンパスの中、自由で活気あふれる雰囲気に触れて、

海外留学について真剣に考えている生徒もいたようです。

早くも積極的に英語でコミュニケーションをとり、現地の学生と記念撮影をする頼もしい姿も見られました。

 

 DSCN1218 DSCN1180

 

大型スーパーマーケット「TARGET」でアメリカの店舗のスケールに驚きながら買い物をしてから、

行程の前半で宿泊するホテル、Embassy Suites Anaheim Southに到着しました。

まさにリゾートホテル!といった外観・内装を見て、生徒たちも感動した様子です。

夕食時には、海外経験が豊富な校長先生から、修学旅行を実りのあるものにする心構えについてのお話があり、

折しもラスベガスで大規模な銃乱射事件が発生してしまったこともあり、

適度な緊張感をもって楽しむことを再確認しました。

 

幸いなことに、ロサンゼルスは安全面に問題はなく、気候も非常に良好です。

長時間移動の疲れもあってか、生徒たちは皆早めに就寝し、明日以降の日程に備えていました。

 

~2日目につづく~