最新情報

歌舞伎教室

2018/7/12

埼玉平成高校は、心を豊かに育てる情操教育に熱心に取り組んでいます。

その一環として、歌舞伎を鑑賞することで日本の伝統芸能への見識を深めることを目的とし、

国立劇場の歌舞伎鑑賞教室に参加してまいりました。

 

演目は、近松門左衛門が神代の伝説を題材に書き下ろした人気作「日本振袖始」です。

冒頭には本編にも出演している坂東新悟さんによる解説「歌舞伎のみかた」が行われ、

高校生にも歌舞伎を楽んでもらえるような工夫が随所に見られました。

我が国の伝統芸能である歌舞伎鑑賞を、生徒たちは大いに満喫した様子でした。

DSC_0506 DSC_0508

IMG_0427

「科学の不思議 しらべ隊」日本科学未来館を訪問

2018/7/7

7月7日(土)、埼玉平成中学校・高等学校の生徒54名が日本科学未来館を訪問し、

最先端の科学に触れてきました。

 

今回は調べたことをせいりゅう祭(文化祭)でプレゼンテーションすることも目的の一つでしたので、

午前中は5Fフロアーで中部大学の井上徳之教授からその方法や手順などについて教えていただき、

実際にグループに分かれて練習をしました。

 

生徒たちは、繰り返し練習することを通して、一人ひとりが自信に満ちた表情で、

グループの仲間にプレゼンテーションができるようになりました。

以下は、その様子です。

しらべ隊1

 

 

 

 

 

 

 

 

井上徳之教授からの説明に聞き入る生徒たち。

しらべ隊2

 

 

 

 

 

 

 

 

各班内での打ち合わせ風景です。

しらべ隊3 しらべ隊4

 各自で調べ、班員にプレゼンする材料を集めます

しらべ隊5

 

 

 

 

 

 

 

 

ポイントをシールにまとめます。

しらべ隊6 しらべ隊7

しらべ隊8 しらべ隊9

展示場所に行って、班員にプレゼンしました

 

 

進路の日

2018/6/16

埼玉平成高校では、生徒一人ひとりが、高校卒業後の進路・将来の職業について考え、

歩むべき方向を展望する機会として、『進路の日』を設けています。

 

3年生は、一般入試、推薦・AO入試、専門学校、公務員ほか就職と志望により別会場に分かれ、

河合塾やマイナビ、様々な専門学校など各分野を専門とする講師の方々からお話を聴く貴重な機会を得ました。

いずれの会場も真剣な生徒たちの熱気に包まれていました!

 

2年生は第2体育館で「進路フューチャーライブ」と題された、進路をテーマにした演劇を鑑賞し、

自己の進路を省察する機会を得ました。

こちらは新しい試みでしたが、演劇という方法を採ったこともあり、生徒からも大変好評でした。

また、1年生はホームルームでグループワークを含めた「文理適性診断」に取り組み、

希望する進路に直結する2年次の文理選択に備えました。

 

その後、全学年が体育館に集合し、紳士服のAOKIの方々による「着こなし講座」を受講し、

身だしなみの意義、フォーマルとしての制服の着こなしのコツ、マナーなどを教えていただきました。

 

お話してくださった先生方は、どのプログラムを担当された方も、たいへん経験も知識も豊富な方ばかりです。

生徒たちにとって、自らの進路について深く考える良いきっかけとなったのではないでしょうか。

 

IMG_0412[1] IMG_0413[1]

IMG_0415[1] IMG_0416[1]

IMG_0417[1] IMG_0418[1]

言葉の教育

2018/6/13

埼玉平成高校では、言葉の大切さを学び、言葉に強くなろうとする意欲を高めさせることを目的に、

毎年、様々な業界の第一線で、言葉を駆使して活躍する方を講師としてお迎えし、

「言葉の教育」と銘打った講演会を実施しています。

 

今回お越しいただいた河本和美さんは、高校の体育教師としてキャリアをスタートし、

その後退職・渡米してダンサーとして活動、帰国後TVのプロデューサーになり、

「なるほど!ザ・ワールド」や「27時間テレビ」を制作するなど、異色の経歴の持ち主です。

 

テーマは「テレビも悩む日本語」。

言葉をキーワードに披露されるテレビ業界の裏話に、生徒たちも興味津々な様子でした。

例えば、テレビ番組で使用されるナレーション原稿ですが、日本語力に乏しい人が書いている場合もあり、

メディアを全面的に信用することは危険だ、というお話がありました。

河本さんはそこに危機感を抱き、日本語力を磨いて日本語検定1級を取得したそうです。

翌週に全校実施される日本語検定に向け、生徒たちにとって良い意識づけの場となりました。

 

IMG_0372[1] IMG_0373[1]

卒業生(プロゴルファー・市原弘大選手)の快挙

2018/6/4

6月3日(日)まで茨城・宍戸ヒルズCC西コースで開催されました日本ゴルフツアー選手権・森ビル杯で、

本校卒業生でプロゴルファーの市原弘大選手が優勝し、国内ツアー初勝利を飾りました。

 

市原選手は3歳からゴルフを始め、高校時代に日本ジュニア優勝を果たし、

世界ジュニア3年連続出場を経て2001年にプロに転向しました。

今回のメジャー制覇で5年シードと、今大会終了時の賞金ランク2位までが得られる

7月の全英オープン出場権を見事獲得しました。

 

本校在籍時は大会で飛び回ることも多い中、常にテストでも高得点を取っていた市原選手。

文武両道を掲げる本校の見本として、今後の活躍にも期待したいと思います!

 

日刊スポーツの記事

スポーツニッポンの記事

日本ゴルフツアー機構の記事