シラバス

各教科の指導目標

英語 

  指導のポイント 主な使用教材
中1
  • be動詞と一般動詞の区別から始まり、現在形・進行形・過去形・未来表現(be going to)などといった、いろいろな時制の表現をマスターすることを中心に学習し、「聞く・読む・話す」能力を身につけさせる。
  • PROGRESS IN ENGLISH 21 Book1(イエズス会出版)
  • NEW HORIZON ENGLISH COURSE(東京書籍)
  • PROGRESS IN ENGLISH 21 Book1 Work Book
  • BRIGHT ENGLISH GRAMMAR中1(埼玉平成中オリジナル)
  • PENMANSHIP FOR PROGRESS IN ENGLISH21
中2
  • 比較・現在完了・態・不定詞・動名詞などの重要文法事項をマスターすることを中心に学習し、「聞く・話す・読む・書く」能力を身につけさせる。
  • PROGRESS IN ENGLISH 21 Book2(イエズス会出版)
  • NEW HORIZON ENGLISH COURSE 2(東京書籍)
  • PROGRESS IN ENGLISH 21 Book2 Work Book
  • BRIGHT ENGLISH GRAMMAR中2(埼玉平成中オリジナル)
  • VITAL 1700 英単語 (文英堂)
中3
  • 分詞構文・関係副詞・話法の転換・仮定法などの高等課程で学習するハイレベルな重要文法事項をマスターすることを中心に学習し、「聞く・話す・読む・書く」能力を身につけさせるとともに大学受験のための英語学習の基礎を築きあげる。
  • PROGRESS IN ENGLISH 21 Book3(イエズス会出版)
  • NEW HORIZON ENGLISH COURSE 3(東京書籍)
  • PROGRESS IN ENGLISH 21 Book3 Work Book
  • Transfer Bコース(桐原書店)
  • VITAL 1700 英単語 (文英堂)
  • MAINTOP A EXPRESS TO ENGLISH GRAMMAR ・WORK BOOK(山口書店)

国語 

  指導のポイント 主な使用教材
中1
  • 様々な種類の文章を読み、内容を的確に理解する能力を育てる。
  • 文章について自分の考えや感想を持ち、まとめる力を育てる。
  • 基本的な漢字、語句を習得させる。
  • 口語文法について、単語の種別や単語の用法、単語の活用などを理解させる。
  • 中学国語1・2「伝え合う言葉」(教育出版)
  • 国語総合資料集(東京書籍)
  • すらすら基本文法(浜島書店)
中2
  • 様々な種類の文章を読み、科学的、論理的なものの見方や考え方を養い、視野を広げる。
  • 人間、社会、自然などについての考えを深め、豊かな人間性を育てる。
  • 中学校課程で習得すべき漢字や語句を習得し、使いこなせるようにする。
  • ※「表現」では、作文演習、書写、口語文法に力を入れる。
  • 中学国語2・3「伝え合う言葉」(教育出版)
  • 国語総合資料集(東京書籍)
  • すらすら基本文法(浜島書店)
中3
  • 近代以降の優れた文章や作品に触れ、読解し鑑賞する能力を養い、ものの見方、感じ方、考え方を深める。
  • 論理的な文章においては、論理の展開や要旨を的確にとらえ、文学的な文章については人物、情景、心情などを的確にとらえる。
  • 高等学校国語の基礎を学び、語句の意味、用法を的確に理解し、語彙を豊かにする。
  • ※古典(古文・漢文)の基礎を学び始める。
  • 探究 国語総合[現代文・表現編][古典編](桐原書店)
  • カラーワイド新国語要覧(大修館書店)

数学α 

  指導のポイント 主な使用教材
中1
  • αでは代数の分野を学ぶ。
  • ≪1次方程式⇒連立方程式⇒1次不等式≫というような一連の流れに特徴があるが、文字式の扱いを踏まえ高度な計算能力を養う事を目標とする。
  • 正の数・負の数、加法と減法、乗法と除法、文字式、多項式の計算、1次方程式、連立方程式、不等式、連立不等式、変化と関数、比例・反比例とそのグラフ、1次関数とそのグラフ など
  • 体系数学Ⅰ(代数編) (数研出版)
  • 体系問題集Ⅰ(代数編) (数研出版)
中2
  • 中学校の代数分野をすべて学習する。
  • 文字式の計算を徹底的に行い、そこから2次方程式・関数・及び平方根、確率の理解をものにし、最終的に3年生で学習する高校数学にスムーズに入っていけるようにする。
  • 多項式の計算、因数分解、平方根、有理数と無理数、2次方程式、関数y=a2、場合の数、確率、N進法 など
  • 体系数学Ⅱ(代数編) (数研出版)
  • 体系問題集Ⅱ(代数編) (数研出版)
中3
  • 高校1年(一部高校2年)の内容を中心に学習する。方程式と不等式から2次関数に入り、更に式の証明の内容をしっかり理解できるようになることを目標とする。
  • 多項式・因数分解・分数式・指数の拡張・平方根・複素数・2次方程式の解と判別式、因数定理、高次方程式、不等式、2次関数のグラフ など。
  • 体系数学Ⅲ (数研出版)
  • 体系問題集Ⅲ (数研出版)

数学β 

  指導のポイント 主な使用教材
中1
  • βでは幾何の分野を学ぶ。
  • 作図や実際に立体を作ることに力を入れ、立体の感覚を養う事を目標とする。
  • 平面図形の基礎、対称、作図、面積と長さ、平行線と角、多角形の内角と外角、合同、二等辺三角形、直角三角形、平行四辺形、平行線と面積など
  • 体系数学Ⅰ(幾何編) (数研出版)
  • 体系問題集Ⅰ(幾何編) (数研出版)
中2
  • 中学校の幾何分野(一部高校数学内容)をすべて学習する。
  • 相似の性質、円、三平方の定理という3つの大きな柱をしっかりと理解し、最終的に3年生で学習する高校数学にスムーズに入っていけるようにする。
  • 三角形の相似条件、平行線と線分の比、中点連結定理、チュバの定理、メネラウスの定理、相似な図形の面積比・体積比、外接円、円周角、円の接線、方べきの定理、三平方の定理、中線定理など
  • 体系数学Ⅱ(幾何編) (数研出版)
  • 体系問題集Ⅱ(幾何編) (数研出版)
中3
  • 高校1年(一部高校2年)の内容を中心に学習する。
  • 三角比、三角関数から確率の内容を中心にしっかり理解できるようになることを目標とする。
  • 集合の要素の個数、場合の数、順列、組合せ、二項定理、試行と事象、確率とその基本性質、独立な試行の確率、条件つき確率、事象の独立と従属、期待値
  • 体系数学Ⅲ (数研出版)
  • 体系問題集Ⅲ (数研出版)

社会 

  指導のポイント 主な使用教材
中1
  • 地理…地球の主な地域の自然(気候・地形)や人々の生活、世界の主な国々の自然、政治・経済、文化、産業、人々の生活を学習する。それによって浮き彫りとなっていく、自分たちの住む日本の姿と生活・文化への知識を深める。
  • 歴史…歴史の大まかな流れをとらえ、歴史について興味・関心をひきだすと同時に、先人たちの努力・知恵・業績についての学習を通して、自分の生き方を見つめ、自らの将来の進路選択が出来る力を養う。
  • 新しい社会 地理 歴史(東京書籍)
  • アクティブ地理ⅠⅡ/白地図ノートⅠⅡ(浜島書店)
  • シリウス21地理・歴史ⅠⅡ(育伸社)
  • 学び考える歴史(浜島書店)
中2
  • 歴史…近世から近現代史にかけての歴史の学習を通して、現代社会の諸問題への考え方を深め、問題解決に向けて努力する姿勢と自ら将来の進路選択ができる力を養う。
  • 公民…人権思想の学習を通して日本国憲法の基本理念について理解し、大きく変化する社会と多様化する価値感に対応しうる憲法について考える。現代日本の仕組みを理解し、政治に対するしかっりとした自分の意見を表現できる姿勢を身につける。
  • 新しい社会 歴史 公民(東京書籍)
  • シリウス21歴史Ⅰ 社会中3(育伸社)
  • 学び考える歴史(浜島書店)
中3
  • 公民…現代経済の仕組みを理解することによって、グローバル化という新しい価値観に対応できる柔軟な思考と、身のまわりのできごとと世界の諸問題を同時に考えることのできる姿勢を身につける。
  • 世界史…高校必修の世界史学習によって、中1・2で培った社会科学習に対する基礎・基本を大切にする姿勢を土台とした学習への深い探究心を呼び起こすと同時に、新たにスタートする生活への準備とする。
  • 新しい社会 公民(東京書籍)
  • 詳説世界史及び世界史B用語集(山川出版)
  • 新しい公民及びニューステージ世界史詳覧(浜島書店)
  • シリウス21社会中3(育伸社)

理科 

  指導のポイント 主な使用教材
中1
  • 理科の概念を正しく知るとともに、多くの実験器具を正しく取り扱い、結果を表やグラフに表す。得られた結果を考察し、法則を導き出せる。探究心を深めるのが目的である。
  • 与えられた実験だけでなく工夫して実験方法を考えるという思考力を総合的に高める。
  • 系統的に学ぶ中学物理(文理)
  • 系統的に学ぶ中学化学(文理)
  • 系統的に学ぶ中学生物(文理)
  • 系統的に学ぶ中学地学(文理)
  • 新中学問題集1年・2年(教育開発出版)
  • カラーブック理科資料(とうほう)
中2
  • 生物・物理・化学の大系の基礎をつくる学年である。
  • 身のまわりで観測されない現象(原子、分子モデル・化学変化)及びモルの概念を理解する。
  • 解剖を積極的に行い、生物の成り立ち、はたらきを理解する。
  • 系統的に学ぶ中学物理(文理)
  • 系統的に学ぶ中学化学(文理)
  • 系統的に学ぶ中学生物(文理)
  • 系統的に学ぶ中学地学(文理)
  • 新中学問題集2年・3年(教育開発出版)
  • カラーブック理科資料(とうほう)
中3
  • 様々な化学現象を原子、分子のモデルで表現する。
  • 身のまわりの物理現象を数式で表現する。
  • 生物体の基本単位である、細胞を中心に遺伝子の基礎を習得する。
  • 系統的に学ぶ中学物理(文理)
  • 系統的に学ぶ中学化学(文理)
  • 系統的に学ぶ中学生物(文理)
  • 系統的に学ぶ中学地学(文理)
  • 新中学問題集3年(教育開発出版)
  • カラーブック理科資料(とうほう)