高校コース案内

一人ひとりの進路に合わせた4つのコースを用意しています。
1年次に、それぞれの進路に合わせてコース選択、2年次から、文系と理系に分かれます。

進路に新たな方向性が見えてきた場合など、成績と希望次第でコースの変更が可能です。
生徒の個性や主体性を伸ばしながら、目標達成をサポートします。

S特進コース

S特進コースの写真

国公立大学
難関私立大学合格への実力を養成する

2020年から始まる大学入学共通テストや
国公立大学二次試験対策も徹底して行います。

  • 高校1年次から7時間授業を実施し、
    入試で合格を勝ち取るために必要な授業時間を確保
  • 模試や各種補講を通じ、常に大学受験
    を意識させる学習環境

少人数のクラス編成により、きめ細かく授業を進め、基礎を積み上げて高い目標を達成するコースです。
2年次までに高校履修範囲の学習を終え、過去の大学入試問題を繰り返し解き、基礎学力を応用力へと変えていきます。
3年次には、英・国・数・理・社の主要科目の講習や演習などに集中的に取り組むとともに、全国模試にも数多く挑戦します。
2020年から始まる大学入学共通テストや国公立大学二次試験対策も万全です。

目指せる進路

国公立大学
早稲田大学
慶応義塾大学
上智大学
東京理科大学
医歯薬系大学
GMARCH

取得単位

1年取得単位図
2年取得単位の図
3年取得単位の図

【在校生からのメッセージ】
3年 三吉 莉奈 Rina Miyoshi

在校生の写真
大学でフランス語を学び、パティシエになる夢をかなえたい

私の夢は、フランスに留学し、ケーキをつくるパティシエールになることです。
よりレベルの高い環境でフランス語を学ぶために、難関大学への進学率が高いこのコースを選びました。学業を重視するコースでも積極的に部活動に参加できるところが埼玉平成の特長で、私の場合は所属するチアダンス部の練習の合間に、早朝や夏休みにも開放される自習室で効率良く勉強しています。

今、受験勉強に大きく役立っているのが、毎週木曜日の朝に行われている英単語の試験です。
校内で実施される全国模試にも高い意識を持って臨み、目標を高く設定するほど学ぶ意欲が湧いてきます。

【卒業生からのメッセージ】
千綿 充尊 Mitsuki Chiwata中央大学 理工学部 精密機械工学科

卒業生の写真
人々の心を豊かにできるような製品の開発を目指して

私は子どもの頃から工作が得意で、壊れたリモコンやコンセントを自分で修理していました。
精密機械工学科を進路に選んだのは、大好きなモノづくりを通して社会に貢献できたらと思ったからです。埼玉平成では、意識の高い仲間たちと刺激し合いながら、その目標に向かって勉強に励むことができました。

先生方から教えていただいたのは、時間の管理の大切さです。学習計画を立て、今の自分に何が足りないかを常に考え、それを補うことで勉強と硬式テニス部の活動との両立を実現することができました。
大学ではこの方法をさらに発展させ、人々の心を豊かにできるような製品の開発を目指して学んでいます。

特進コース

特進コースの写真

文武両道を追求しながら
有名大学への現役合格を目指す

AO入試から推薦入試、一般入試まで、
多彩な入試方法に対応できる力を養います。

  • 基礎から積み上げ、大学入試に必要な
    応用力までを養成
  • 読む力・書く力・表現する力を養い、
    多彩な入試方法に対応させる

首都圏の有名私立大学・中堅私立大学を目指すコースです。
一般入試で合格を勝ちとるための学力はもちろん、推薦入試やAO入試など多彩な入試方法に対応できるように、読む力・書く力・表現する力にも重きを置いた学習を進めていきます。また、苦手科目を克服するために、放課後や長期休業中に補講を実施しています。

目指せる進路

成城大学
成蹊大学
武蔵大学
獨協大学
順天堂大学
日本体育大学
日東駒専

取得単位

1年取得単位図
2年取得単位の図
3年取得単位の図

【在校生からのメッセージ】
3年 小高 拓海 Takumi Odaka

在校生の写真
通学や朝学習の時間を有効に使って、部活動との両立を図っています

私は硬式テニス部の部長を務めています。将来の目標は、プロのテニスプレイヤーになることです。

勉強にもテニスにも全力を注ぎたくて、このコースを選びました。集中して授業を受け、通学や朝学習の時間も有効に使って、部活動との両立を図っています。

好きな教科は英語と体育です。修学旅行でアメリカを訪れた際、自分の英語が通じたことで、英語への興味がさらに湧いてきました。体育の授業では、ゴルフを含めた様々な種目にチャレンジできます。
このコースの特色は、授業がわかりやすいこと、生徒がみな個性豊かなことです。大勢の友達にも恵まれて、充実した高校生活を送ることができます。

【卒業生からのメッセージ】
小寺 美玖 Miku Kotera武蔵大学 経済学部 経済学科

卒業生の写真
勉強とソフトテニス部での活動を両立させて第一志望の大学へ

武蔵大学では、どの学部の学生も少人数制のゼミで4年間学びます。
私は、経済の知識を身につけて将来の選択肢を拡げるとともに、ゼミを通して思考力やコミュニケーション能力を高めたかったので、この大学の経済学科を志望しました。

私が受験した指定校制推薦入試には、面接と小論文の試験があります。先生方に面接の練習を20回以上行っていただいたり、小論文を添削していただいたりしたので、口頭でも文章でも自分の意見や思いを上手に表現できるようになりました。
こうしたサポートによって、所属していたソフトテニス部の練習にも力を注ぐことができ、インターハイの団体戦ではベスト16に進出することができました。

進学コース

進学コースの写真

多彩な入試に対応できる力を養い
希望する大学への現役合格を目指す

勉強とクラブを両立させるなど、
充実した学校生活を送りたい生徒に最適です。

  • 基礎固めを重視し、幅広い進路に対応した授業
  • 学習習慣の確立を促し、基礎学力を向上させる

勉強に力を入れながら部活動にも積極的に参加するなど、充実した学校生活を送りたい生徒に最適なコースです。
生徒の能力や個性を最大限に発揮できるよう、多彩な進路に対応可能なカリキュラムが用意されています。
推薦入試やAO入試などを見据え、小論文や面接に対応できる力を養い、生徒一人ひとりのニーズに応えていきます。

目指せる進路

大東文化大学
東海大学
亜細亜大学
帝京大学
国士舘大学
城西大学
東京国際大学

取得単位

1年取得単位図
2年取得単位の図
3年取得単位の図

【在校生からのメッセージ】
3年 三松 愛美 Manami Mimatsu

在校生の写真
先生方の教え方が丁寧で、やりたいことに安心して打ち込めます

私は男子バスケットボール部のマネージャーを務めており、チームの活躍に少しでも貢献できるように頑張っています。部活動と勉強の両立は簡単ではなく、苦しいこともありますが、やりがいを感じられるので毎日が充実しています。
埼玉平成高校は、安心してやりたいことに打ち込める学校です。先生方の教え方が丁寧でわかりやすく、補講や小論文講座も用意されているため、安心して大学受験の準備に取り組むことができます。
また、貴重な体験ができる行事が多く、アメリカ修学旅行では、現地の人が話す英語や異文化に実際にふれて視野が大きく広がりました。
この学校には、自分を大きく成長させることができる環境が整っています。

【卒業生からのメッセージ】
山崎 雅人 Masato Yamazaki日本大学 国際関係学部 国際総合政策学科

卒業生の写真
あの頃があるからこそ、今の自分があるのだと思います

硬式野球部の部長を務めていた私は、これまでの実績を活かしてAO入試で日本大学に進みました。大学でも硬式野球部に入り、好きな野球に全力投球する毎日を送っています。

国際関係学部を選んだのは、楽しかった英語の授業やアメリカ修学旅行を通じて、世界に向けて視野が大きく拡がったことがきっかけです。硬式野球部の監督は「ひとつひとつのプレイや行動に責任を持って、練習も勉強も手を抜かずに一生懸命にやりなさい」と常におっしゃっていました。その言葉通り、練習に真剣に取り組み、帰宅してからはどんなに疲れていても復習や予習をするように心がけていました。
高校時代のあの日々があったからこそ、今の自分があるのだと思っています。

進学コース
(スーパーサッカー)

進学コース(スーパーサッカー)の写真

サッカーと両立し志望大学への現役合格や、
プロサッカー選手を目指す

  • サッカーと両立させながら、確かな学力を定着させる授業
  • 経験豊富な指導者のもと、サッカーを通した人間形成を行う

有名大学や体育系の大学への現役合格を目指すとともに、将来プロなどで活躍できるトップアスリートを育成するコースです。
志望する大学への現役合格を実現するために、十分な授業数を確保し、安心してサッカーに集中できる環境を用意しています。
元Jリーガーの顧問を始め、経験豊富な指導者が熱意をもって指導し、サッカーを通した人間形成を行うことも大きな特色です。

目指せる進路

プロサッカー選手
有名大学
体育系大学

取得単位

1年取得単位図
2年取得単位の図
3年取得単位の図

【在校生からのメッセージ】
3年 板橋 太陽 Taiyo Itabashi

在校生の写真
数学の問題が解けた時は、ゴールを決めた瞬間と同じ喜びがこみ上げてきます

幼稚園からサッカーを始めた私の夢は、プロのサッカー選手になることです。
そのためサッカーに専念できる環境が整ったこのコースを選びました。
クラスの仲間たちが全員サッカー部員という他にはない環境のため、クラスメートとどうすればプレーが上達するかを議論でき、サッカーの楽しさを分かち合うことができます。クラスの結束は固く、たとえば文化祭の模擬店では一致団結して食品を販売し、店の前に長い列ができました。

好きな教科は数学です。考え抜いて難しい問題が解けた時は、ゴールを決めた瞬間のように喜びがこみ上げてきます。

【卒業生からのメッセージ】
斉藤 司真 Kazuma Saito帝京大学 法学部 法律学科

卒業生の写真
最高の思い出は、埼玉県選手権大会ベスト8進出です

3年間の最高の思い出は埼玉県選手権大会に出場し、ベスト8まで進出できたことです。
試合の模様はテレビでも放映されました。
この時、小さな努力を積み上げていくことがいかに大切かを実感できました。
幼稚園の頃からサッカーの練習に励んできてよかったと心から思えました。
この体験は、大学での学びにも大いに活かされています。

法学部を志望したのは、日常生活に密接に関わっている法律の知識を身につければ、将来、社会に貢献できるような職業に就けるのではないかと考えたからです。
進学コース スーパーサッカーでは、勉強の面でも切磋琢磨できるため、成績が伸びて第一志望の帝京大学に合格できました。